Home About Access Media Recruit
住宅
店舗
リノベーション
企画・プランニング
その他
広告デザイン
広告プロモーション
web
CI/VI
ANABA PROJECT
廃材フレーム 2010.11.26更新
11月9日、西鉄福岡駅構内に
「ケンジーズドーナツ」がオープンしました。
廃材を使ったインテリアのお店です。
正面奥の壁にはドーナツをおいしそうにほおばる
人の絵が飾ってあります。
その絵を包み込んでいるフレームは
ANABA PROJECTが廃材を使って制作したものです。
ある日、オフィスの近くにある古い家屋が
解体されていました。
その解体現場ではたくさんの廃材が発生しています。
中には、金属の取手や鍵穴のついたものもあり、
それだけで存在感のある廃材たち。
これらの廃材を使って、フレームを制作しました。

中に入る絵の大きさに合わせてピースにカット。
とげで怪我をしないようにやすりがけをして
きちんと処理し、塗装を施していきます。
裏板も廃材をつなぎ合わせています。

ピースの組み合わせは、中に入る絵を引き立てる
ように配置。
できあがったのは、
茶色をベースにしてポイントに白を使った縦型と、
白をベースにしてポイントを焦げ茶にした横型の2種類。
どちらもB1サイズの絵を入れるための大きなものです。
茶色ベースで白をポイントにした縦型は
西鉄福岡駅構内2Fの「ケンジーズドーナツ」に
あります。
お客様を真正面からお迎えしています。
販売がメインですが、
店内に小さなカウンターがありイートインもできます。
会社帰りにちょっと寄ってみてください。

[ケンジーズドーナツ テンジン]
福岡市中央区天神2-11-3 西鉄福岡駅構内2F
T.092-713-1839
営業時間:AM8:00〜PM10:30くらい
定休日:ナシ

白ベースで焦げ茶がポイントの横型は、
店屋町の「ケンジーズカフェ」にあります。
入口を入ってすぐ右手にあるソファ席の壁。
ここに飾るために周りを仕上げたかと思うくらいに
馴染んでいます。

[ケンジーズ カフェ]
福岡市博多区店屋町3-5
T.092-272-2303
営業時間:PM12:00〜PM10:00(火・水・木)
     PM12:00〜PM11:00(金・土)
     PM12:00〜PM7:00(日)
定休日:月曜日

九大箱崎キャンパスリノベーション
(G.C.H第2回ワークショップ)
2010.11.26更新
九大箱崎キャンパスにある築79年の建物を、
グラミン・クリエイティブ・ハウスとして活用する
リノベーションプロジェクト「G.C.H」。
このプロジェクトは、一般サポーターと一緒に行なうワークショップを交えて進めています。
2010年11月20日(土)に、第2回目のワークショップを行いました。
この日のテーマは「廃材クラフトその1」。

午前中は、特別ゲストの外尾悦郎氏とのワークショップ。
外尾氏は、グラミン・クリエイティブ・ハウスの外観監修を行います。
ソーシャル・ビジネスとは何か?という話から、ハウスの外観をどのようにしたらよいか、考え方を共有するといった内容でした。

お昼ご飯をはさんで、午後からのワークショップは、午前中とはがらっと違うクラフトワーク。
六本松キャンパスから回収してきた廃棄予定だったテーブルをグラミン・クリエイティブ・ハウスで活用するために、改修しました。
まず、天板の黒い塗装をサンダーで削ります。
塗装の厚さがかなり厚くて、手強い作業。
黒い粉が舞い散り、顔は真っ黒になりました。
続いて白くペイント。
天板から脚まで真っ白に塗ると、雰囲気がまったく変わりました。


クラフトワークでは、同じく六本松から改修してきた黒板を使って時計やキーホルダー等のプロダクトもつくりました。
この黒板プロダクトは九大の志波助教と大学院生が行っているプロジェクト。
この日製作したプロダクトの一部を、グラミン・クリエイティブ・ハウスで使わせていただきます。
残りは九大の学園祭で販売し、その売上を発展途上国へ寄附させていただくことになっています。
みごとに完売し、たくさんの方に興味を持っていただけたようです。
第2回ワークショップ「廃材クラフト」や
リノベーションプロジェクト「G.C.H」の活動内容については
ANABA PROJECTのサイトもご覧ください。

http://www.anaba-project.com/gch/index.html

BOOK at ME 2010.11.01更新

10月20日〜11月3日のあいだ、天神IMSのB2Fで
九州で活躍するデザイナー、イラストレーター、
コピーライター、カメラマンなど158人が
デザインした文庫本のオリジナルブックカバー展
BOOKatME[http://bookatme.jp/]が開催されています。

このブックカバー展BOOKatMEに
ダイスプロジェクトも参加しています。


BOOKatME公式サイト http://bookatme.jp

これがダイスの作品。
説明は、いりませんね。

、、、だけど一言だけ、言っておきましょうか。
ビターなチョコレートです。

タダでブックカバーをもらえる
ということもあり、
連日大盛況のようです。

ほとんどの作品が入荷待ちで、
欲しくても手に入らない状況が、しばしばだとか。

そんな情報を聞いて、
自分のが残っていたらどうしよう
と不安になりながら見に行くと、

  無事に(?)入荷待ちでした。
よかった。よかった。

入荷待ちでもらえなかったよ、や
これ欲しい!!という方に
おいしい情報をひとつ。

ブックカバーは、毎日18時に補充しているみたいです。
どうしても欲しいものは、17時50分あたりから、
作品の前で仁王立ちしていれば、
間違いなくGETできると思います。

みなさん、是非チョコカバーをGETしてくださいね。
九大箱崎キャンパスリノベーション
(G.C.H第1回ワークショップ)
2010.10.18更新

九大箱崎キャンパスにある築79年の建物を、
グラミン・クリエイティブ・ハウスとして
活用する リノベーションプロジェクト
「G.C.H」。
このプロジェクトは、一般サポーターと一緒に
行なうワークショップを交えて進めています。
その第1回目のワークショップ
「ー(マイナス)のデザイン」が、
2010年10月9日(土)に行なわれました。
建物本来のフォルムを活かすため、
建物を被っているものを取り除いていくという
ワークショップです。
この日集まったサポーターは、
建築や古い建物やリノベーションやグラミンに
興味を持つ方約30名。学生から社会人まで、
幅広い方々が集まりました。
最初のワークショップということもあり、
グラミンクリエイティブ・ラボ@九州大学
(以下、GCL@九大)の
エグゼクティブ・ディレクターの岡田先生より、GCL@九大についてのお話もしていただきました。
さぁ、作業開始です。
伊都キャンパスへ移転してから
ずっと閉鎖されたままだった建物。
窓を塞いでいたベニヤを取り外しました。
真っ暗だった建物の中に光が差し込み、
部屋全体が一気に明るくなりました。
2Fの床材は、全部剥がします。
剥がしたカーペットは1Fの所定の場所へ移動。
面積が大きいので、運ぶのも一苦労でした。
先頭はGCL@九大のメンバーでもある、星野先生。
率先して作業を行っていただきました。
ありがとうございます!

Pタイルが貼られた床も1枚1枚剥がしていきます。
一番奥は、GCL@九大のメンバーでもある、原先生。
しっかり、肉体労働をしていただきました。
ありがとうございます!
Pタイルは、カワスキという
お好み焼きのへらのような道具を使って
剥がします。
しっかりと接着されていて、
すぐに粉々になってしまい、
根気のいる作業でした。
この日、朝10時〜夕方まで、まる一日の作業です。
お昼は、外でお弁当タイム。
味もボリュームも大満足のお弁当で、ひとときの休息。
午後からも、しっかり作業は続きます。
予想以上にPタイルがしっかり接着されていて、
カワスキを金槌でたたかないと
なかなか剥がせません。
午後からは金槌を増量して
作業スピードをあげていきました。
剥いだ殻は、1ヶ所にまとめておきます。
この時、ちりとりはとっても役立ちました。

途中、ティータイムもはさみました。
たくさん体を動かしましたが、
冷たい飲み物と甘いクッキーで生き返りました。
さて、いよいよラストスパートです。
部屋の床を全部剥がし終えた時、
おもわず笑みがこぼれてしまいました。
最後に、参加サポーターみんなで記念撮影。
翌日の筋肉痛との戦いを予感しながらも、
疲労感と達成感を味わいました。
次回のワークショップは、
今回とはまた違う内容となる予定。
特別ゲストも計画中です。
乞うご期待!

第1回ワークショップ
「ー(マイナス)のデザイン」や
リノベーションプロジェクト「G.C.H」の
活動内容については
ANABA PROJECTのサイトもご覧ください。

http://www.anaba-project.com/gch/minus/minus.html

九大箱崎キャンパスリノベーション 2010.08.28更新
九州大学箱崎キャンパス内には、戦前に建設された古い建物が数多く残されています。
福岡市西区の伊都キャンパスへ移転して、これらの建物は、使われずに閉鎖されています。
そのうちの1棟「旧超伝導システム科学研究センター」という、築79年(昭和6年建設)の重厚感漂う建物。この建物をグラミン・クリエイティブ・ラボ@九州大学の拠点グラミン・クリエイティブ・ハウスとして活用するため、建物改修のデザインを行なっています。

グラミン・クリエイティブ・ラボ@九州大学についてはこちらをご覧ください。
http://imaq.kyushu-u.ac.jp/ ̄gcl/japanese/index.html





キャンパス内の閉鎖されたまま使われていない建物には、ついこの間まで使っていたもので、まだまだ使えそうなものがたくさんあります。家具やら照明やら扉やら…
2010年8月3日、建物の改修にあわせて、使えそうなものをハンティングしに行きました。
建物が古いだけに、アジのあるものがいろいろ出てきます。


同じく移転終了して閉鎖中の六本松キャンパス。
こちらにも、まだまだ使えそう、うまく使うとおもしろくなりそうなものがいろいろあります。

2010年8月27日、これらの活用できそうなもろもろを引き取りに行ってきました。
取手なんかも取り外します。部材はネジでとめられているのですが、目立たないように、邪魔にならないように、しかも複雑ではなく、なかなかよく考えられてるな、と感心しました。


体育館の大きな時計。
脚立に乗ってやっと届いたボルトをゆるめてはみたものの…
かなりの大きさかつ重量。そして、がっちりと固定されていて、かなりがんばってはみたものの、取り外すことはできず、これは泣く泣く断念。
会社の軽自動車いっぱいに積み込んで、会社に運び込みました。
改修工事が始まるのはもう少し後なので、とりあえず1Fのカフェコーナーに並んでます。
これらをどんな風に使っていこうか、考えるだけでわくわくしちゃいます。

ANABA PROJECTのサイトに、このリノベーションプロジェクト「G.C.H」のページができました。改修工事の間に行なわれるいろんな活動を随時アップしていく予定です。
お楽しみに!

http://www.anaba-project.com/gch/index.html

イムズB2F 展示が変わりました 2010.07.21更新
天神イムズ全館で展開されているイムズサマーフェスタ。
B2Fイムズプラザに出現した天神のツリーガーデン」では
6月16日(水)〜7月15日(木)の1ヶ月間
竹沢うるま写真展
「Tio's Island〜南の島のティオの世界〜」×ANABA PROJECT
が開催されました。
南の島の雰囲気を存分に味わっていただけたと思います。
期間中開催したフォトフレームをつくる
ワークショップには、たくさんの方に参加していただき
とても盛上がりました。

会場へ足をお運びいただいたみなさま
ワークショップに参加していただいたみなさま
どうもありがとうございました。

さて、雰囲気はがらっと変わり
7月17日(土)より
『くまのがっこう絵本展〜くまのこたちの夏休み〜』
を開催しています。

ということで、7月15〜16日にかけて
展示の入替を行ないました。
2日間とも通常営業のため、営業終了後の夜間作業。

15日の作業は、写真展の撤去と
絵本展仕様への一部変更です。
作品をとりはずすのはもちろん
サインの張替もこの日に行ないました。

そして、大掛かりなのは、吹抜けのバナーの取替え。
大きなトラスをツリーに当たらないところまで下ろし、
脚立を使っての作業でした。


  16日の作業は、展示物の配置です。
ディスプレイで、絵本「くまのがっこう」の世界を再現。
少しずつ、形が見えてきます。

  ツリーには、ダンボールの棚板を取付けます。
ここには、絵本やぬいぐるみやおもちゃが並びます。
  ダンボールのツリー等の
ベースの環境はほとんど変わっていないのですが
先日までの写真展とは違った雰囲気の
「くまのがっこう」の世界にぴったりの空間です。

天神にお寄りの際は
ぜひ、イムズにも足をのばしてみてください。
子供の頃を思い出して、わくわくしそう…!

■タイトル
「くまのがっこう絵本展〜くまのこたちの夏休み〜」
■期間
7月17日(土)〜7月21日(土) 10〜20時
■開催場所
天神イムズB2F イムズプラザ ※入場無料

期間中、絵本原画展(8Fアルティアム)や
なつやすみ特別授業(ワークショップ)等も
開催しています。
詳細は、イムズHPをご覧ください。

http://www.ims.co.jp/special/1006summer_festa/
index.php#kuma
イムズB2F ワークショップで夏の思い出づくり 2010.07.15更新
天神イムズB2F イムズプラザにて行なわれている
竹沢うるま写真展
「Tio's Island〜南の島のティオの世界〜」
×ANABA PROJECT。
期間中に、廃材でフォトフレームをつくるワークショップを行ないました。
材料は、建築現場で出てくる廃材です。
廃材からつくったL型のパーツと5種類のピースを
組み合わせてつくります。
ピースの形は同じなのですが、木目の感じや並べ方、
色の塗り方などでまったく違う表情に仕上がります。
まずは、ピースの並べ方を考えます。
最初は戸惑いながら、
だんだんエンジンがかかると
みなさん夢中になっていきます。

ワークショップはイムズプラザの一角で行ないました。
通りがかりの人達も、
何をやっているのか気になるようです。
どうしてもやりたい!
と、動かない子どもたちもいました。

時にはお隣さんと協力して。
ひとりだと難しいことも、助け合いながらやれば
簡単だったりするのですね。
  中には子どもさんも参加していました。
このワークショップをきっかけに、
ものづくりに興味を持ってもらえたかな…?
  だんだん形になってきて、もうすぐ完成。
大人も子どもも表情がイキイキとしています。
  ステキなフォトフレームが仕上がりました。
今年の夏最初の思い出ができたのではないでしょうか?
これからできるたくさんの思い出を
このフォトフレームに入れて飾ってくれるといいな
と思います。

建物をつくるためには「使えないモノ」廃材は
「使いたいモノ」フォトフレームに
生まれ変わることができました。
身の回りの「使えないモノ」も、
捨てる前にひと呼吸おいてみましょう。
「使いたいモノ」に生まれ変わるかもしれません。

ワークショップの風景とみなさんの作品は、
ANABA PROJECTのHPでご覧いただけます。
こちらからどうぞ!

http://www.anaba-project.com/hai/u_a/u_a.html

イムズB2F 写真展STARTです 2010.06.16更新
  天神イムズB2F イムズプラザにて
竹沢うるま写真展
「Tio's Island〜南の島のティオの世界〜」×ANABA PROJECTが6月16日よりスタートしました。

6月14日(月)の夜から6月15日(火)にかけて
設営工事を行いました。

イムズといえば、10Fまでの吹抜けです。
今回は、この吹き抜けに大きなバナーを吊り下げます。
まずはじめに、このバナーの取付です。
重たい金属のトラスを組立て、 そこにバナーを取付け、 平行を確認してバランスをとりながら、少しずつ上へ あげていきます。

  吊り下げるバナーの大きさは、幅2.7m、長さ10m。
下から見上げるとそんなに大きく感じませんが
実は、こんなに大きいのです。

  今回、ダンボールでツリーのオブジェを作りました。
幹の上と下に切り込みの入った木のパーツを十字に組み、枝に葉っぱのパーツを取付けるというシンプルな構造。
これをたくさん配置して、森のような空間にしていきました。

  空間のいろんなところに、葉っぱのような形を取り入れています。
この巨大なものは、いったい何でしょう?
この上に、シートを貼って仕上げていきます。
何になったかは、会場でのお楽しみです…

本物の植物も植え込みます。
南国のような、種類の植物たち。
会場の雰囲気を盛り上げています。
上のフロアから見るとこんな感じの空間です。
普通の写真展とはひと味違って
のんびりと過ごしながら楽しめると思います。
  開催期間は6月16日(水)〜7月15日(木)まで。
会社帰りやお買物・お出かけのついでに、ぜひ、見にいらして下さい。
みなさまのお越しを、心からお待ちしています。

  期間中、廃材でフォトフレームをつくるワークショップも開催します。
ただ今、参加者募集中です!!
ワークショップの詳細はコチラです。

■タイトル
 山本育也×ANABA PROJECT フォトフレーム教室
■講師
 家具作家・山本育也氏
■開催日時
 2010年7月3日(土)13:30〜16:30
 2010年7月10日(土)13:30〜16:30
■定員
 各日10名
■参加費
 3,000円(材料費込)
■開催場所
 イムズ B2F イムズプラザ特設会場      

【お申し込み】
参加の申込は、メールにて受付致します。
タイトルに「フォトフレームWS参加希望」と書いて、
参加される方のお名前、連絡先、希望日を下記アドレスまでお送り下さい。

E-mail info@anaba-project.com

※応募締切は6月20日(日)です。
 応募者多数の場合は抽選となります。
 抽選の結果は、6月21日(月)にメールにてご連絡
  致します。

ANABA PROJECTのサイトもご覧ください。
http://www.anaba-project.com/
http://www.anaba-project.com/hai/u_a/u_a.html

イムズB2F 廃材パネル製作 2010.06.11更新
6月16日(水)〜7月15日(木)まで
天神イムズB2F イムズプラザにて
竹沢うるま写真展「Tio's Island〜南の島のティオの世界〜」×ANABA PROJECT
が開催されます。

会場では、竹沢氏の写真のスライドショーも流す予定です。展示で使用する廃材や流木で製作したフォトフレームに合わせてスライドショーのモニターを装飾する廃材パネルを製作しました。
また、期間中には廃材でフォトフレームをつくる
ワークショップも開催します。

6月2日。
パネルやワークショップの材料となる廃材を収集に行きました。
いろんな形の廃材があるものです。
中には、戸当たりや引戸のための溝の入った変わった形の部材も…
6月10日。
集めた廃材の加工は
家具作家・山本育也氏の工房にて行いました。
大まかな図面を元に、実際の廃材を見て
調整しながら製作していきます。
さて、これはどの部分でしょう?
会場で探してみて下さい。

ワークショップでつくるフォトフレーム用のパーツです。
ひとつひとつ表情が違っていて
こうやって並べるだけで、わくわくしてきます。

ワークショップの詳細はコチラです。

■タイトル
 山本育也×ANABA PROJECT フォトフレーム教室
■講師
 家具作家・山本育也氏
■開催日時
 2010年7月3日(土)13:30〜16:30
 2010年7月10日(土)13:30〜16:30
■定員
 各日10名
■参加費
 3,000円(材料費込)
■開催場所
 イムズ B2F イムズプラザ特設会場      

【お申し込み】
参加の申込は、メールにて受付致します。
タイトルに「フォトフレームWS参加希望」と書いて、
参加される方のお名前、連絡先、希望日を下記アドレスまでお送り下さい。

E-mail info@anaba-project.com

※応募締切は6月20日(日)です。
 応募者多数の場合は抽選となります。
 抽選の結果は、6月21日(月)にメールにてご連絡
  致します。

ANABA PROJECTのサイトもご覧ください。
http://www.anaba-project.com/
http://www.anaba-project.com/hai/u_a/u_a.html

イムズB2F ダンボールの森 2010.06.05更新
福岡のど真ん中にある商業施設、天神イムズ。
6月16日(水)〜8月22日(日)の約2ヶ月間、
イムズ全館で、イムズサマーフェスタが展開されます。
B2Fイムズプラザには、ダンボールの木でできた
「天神のツリーガーデン」が出現します!

先日、ダンボールで作る製作物のサンプルが届きました。
思った以上によいカンジです。

写真は、その製作物の一部分。
どの部分なのかは、まだ秘密。
実際に設置されるのをお楽しみに…
さて、この「天神のツリーガーデン」では
1ヶ月ごとに2つの展示が開催されます。
6月16日(水)〜7月15日(木)までの1ヶ月間は

竹沢うるま写真展
「Tio's Island〜南の島のティオの世界〜」
×ANABA PROJECT

が開催されます。
写真家・竹沢うるま氏が表現する、この世界のどこかに浮かぶ自然豊かな「ティオの島」の写真展。
使用しているフォトフレームは、ANABA ROJECTが竹沢氏と一緒に福岡の海岸で収集した流木や 建築現場から出てきた廃材から生まれたものです。


詳細はANABA PROJECTのサイトをご覧ください。
http://www.anaba-project.com/hai/u_a/u_a.html
寿しの次郎長 お店訪問 2010.02.15更新
2010.02.12

2009年7月にオープンして以来、初めて
久留米の寿しの次郎長に行ってきました。

オープン当初、青々と茂っていたモミジは
紅葉も終わってほとんど散っていましたが、
ほんのちょっとだけ葉が残っていて、
紅葉していたのが何だか微笑ましく思えました。

まずは、カウンターに座って
ランチを頂く事にしました。
大将は相変わらずお元気でした。
初めて大将の包丁さばきを見たのですが
ひとつひとつ作業が速く、かつ細かくて
見ていて全然飽きず、刺激的でした。

その大将の先には公園が見えていて
贅沢な借景の中でランチが
出てくるのを待ちました。

カウンター手元を見ると、ネタケースがあり
新鮮な魚や野菜があり、そそられます。
カウンターに座ると、ランチを頂くまでに
いろいろと誘惑がありました。(笑)

食事中は出てくるにぎりに夢中で
肝心な料理の写真を撮り忘れてました(苦笑)
ここ寿しの次郎長さんのお寿司は
全てのにぎりが華やかで
食べるのがもったいないくらいでした。
しかも一貫一貫のにぎりに合わせて
薬味も違ったものが乗ってきて
全てが僕にとって未知の世界でした。
見た目と味で楽しめ、時間を忘れて
ゆっくりとしたひとときを過ごせました。
大将、ごちそうさまでした。

メニューやお店の情報が気になる方は
下記ホームページをご覧ください。

http://www.jirochou.com/

ブログもありますので、こちらも
是非ご覧ください。

今泉Hビル 現場レポート2 2010.01.18 更新
今泉にあるビルの3、4F改装計画の続編。
壁のボードも貼り終えて、
最終段階の仕上工事の様子です。

2009.12.25 仕上工事

まずこちらは3階リビングです。
白と濃い茶をベースとした
モダンなトーンになります。
写真左手はキッチン収納です。
真ん中はTVボードが設置されます。
その壁の奥には畳スペースがあります。
そして、右手にはベランダが広がっています。

続いてこちらは4階の通路です。
壁・天井は白で、これから取り付扉や棚関係は
濃い茶になります。
そして、写真左下には間接照明が設置されます。
お楽しみに。
そして、こちらは4階洗面所になります。
その先には浴室(TV付)があり、
浴室の先には屋外デッキが続いています。
更に手前にはサウナがあり、
至れり尽くせりのスペースとなっています。
浴室の先にあるデッキには、
このような木塀が廻りに設置されていまして
隙間からは外が見えないようになっています。
こちらは、4階寝室から3階ベランダを
見下ろした様子です。
ベランダ一面にはデッキが貼られます。
手前に見えている白いボーダーは
既存のパーゴラです。
同じ寝室で、今度は上を見上げると
天井よりさらに奥まったところに
トップライトがあります。
すごく気持ちが良いです。

もうすぐ、完成間近です。

2010.01.08 竣工

工事も何とか年末に終了し、
無事竣工を迎えることができました。

早速ですが、ご案内して行きたいと思います。

まずこちらは3階玄関になります。
暖かい光と、ぬくもりのある濃い茶が
出迎えてくれます。

3階玄関より中へ入ると、LDKが広がっています。
ウォルナット調のフローリングが空間に
柔らかさを出しています。
3階リビング奥の和室になります。
天井の高さと素材を変えて
空間に変化を出しています。
3階リビングと和室から
デッキにつながっていますが
木塀で周囲を覆い、
床全面にはデッキを敷いています。
既存の電灯が良い味を出しています。
4階に上がると、まず廊下があります。
右手の方に部屋を集中させていて、
その扉が濃い茶でリズミカルに配置してあります。
また、左手棚下に間接照明を入れることで
単調な廊下にならないよう演出しております。
4階洗面所です。
照明が入ると、また違った雰囲気になります。
そして、最後に4階寝室になります。
真ん中に見えるボリュームは
ウォークインクローゼットになります。
濃い木調の壁はベッドヘッドも兼ねています。

今泉という街中で、これだけ余裕のある住居は
何ともうらやましいです。